【ヒルナンデス】濱裕宣先生が栄養をムダにしない食べ方やレシピ紹介

6月11日放送のヒルナンデスでは

主婦を中心にバカ売れしている

話題本「その調理、9割の栄養捨ててます」を監修した

管理栄養士 濱 裕宣(はまひろのぶ)先生が

食材の正しい食べ方や栄養・レシピまで

紹介していましたので

よかったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

目からウロコの新常識 栄養編

ブロッコリーのビタミンを6割も捨てている

ブロッコリー食物繊維ビタミンCが豊富

ビタミンCはレモンの1.2倍あり、

美容や健康に必要な栄養がたくさん含まれますが

ブロッコリーはお湯で茹でる

ビタミンCがお湯に流れ出てしまうそうです。

電子レンジ蒸し器を使うとビタミンCはほぼ失われないので

たくさん栄養がとれるそうですよ。

タマゴは目玉焼きにすると、ビタミンDを4割も無駄にしている

ビタミンDとはカルシウムを吸収するので

骨とかを強くする効果が期待できるそうです。

魚介類など摂れる食材が限られていて

卵は特にビタミンDをとれる貴重な食材です

それでは多くビタミンが摂れる卵の食べ方はというと、、、

半熟卵がいいそうです

ビタミンD高温で加熱すると減少する性質を持つので

の方がビタミンDは多いですが

吸収率は半熟卵(温泉卵)の方が多いそうです。

納豆はあつあつのご飯にのせると酵素の6割が死滅する

納豆には血液をさらさらにするナットウキナーゼという酵素がありますが

熱に弱く、50℃以上で活性が鈍くなり、70℃で働きを失うそうです。

炊きたてのご飯は80℃くらいなので、それにのせるとほぼ働きを失ってしまいます。

それではどうやってたべるといいでしょうか、、、?

栄養面から考えるとよそってから3分ほどたったご飯にかけると

40℃から48℃くらいにさがるので、それからかけると良いそうです。

時間帯は?

タイミングとしては,が良い

脂肪の代謝や成長ホルモンを促すアルギニン

ナットウキナーゼが睡眠中に活性するので

夜に食べるのがオススメです。

納豆と一緒に組み合わせるといい食材は?

タマネギとアボガドです

タマネギにも血液さらさら効果があり

アボガドには血中コレステロールを押さえるビタミンEが含まれるので生活習慣予防効果があるので

納豆・タマネギ・アボガドを一緒にとると効果的だそうです。

オススメレシピ《オニオンとアボガドの納豆丼》

  • 納豆にしょう油・ゆず胡椒を加える
  • しっかり混ぜる
  • タマネギは細かく刻み,アボガドは1㎝書くに切る
  • ご飯にのり、納豆、タマネギ、アボガド、しらすの順にのせる

スポンサーリンク

にんじんを生で食べる人はβ-カロテンの9割を捨てている

にんじんに含まれるβ-カロテンは体の中でビタミンAに変わるが

生で食べてもほとんど吸収されないそうです。

にんじんβ-カロテンを最も効率的に摂れる調理法は、、、

油で炒めるとよいそうです。

ビタミンAは油に溶けるため,油と調理する事で

体内に吸収されやすくなるので、

油と一緒に食べないと効果が出ないようです。

生で食べる場合は,マヨネーズ,油分のあるドレッシングと一緒に食べるとよい(バーニャカウダーでも)そうです。

免疫力を高めるオススメレシピ《ニンジンのカレーきんぴら》

  • ニンジン1本を食べやすい大きさにカット
  • しょう油(大1)みりん(大2)混ぜ、カレー粉(小1)加えてたれを作る
  • ニンジンを油をひいたフライパンで中火で炒める
  • 3分程炒めたら、たれを加えてさらに炒めると完成

ニンジンとカレー粉は相性抜群なので

カレー粉のクルクミンがβ-カロテンの抗酸化力を引き上げてくれるそうです。

おいしいと好評でしたよ。

ぜひ作ってみて下さい!!