PR

母の日に贈ってはいけないプレゼントは?

イベント
記事内に広告が含まれています。

 

母の日のプレゼント、もうお決まりですか?

毎年母の日が近くなると、今年は何にしようか?迷いますよね。

大抵は何をあげても喜んでくれるのでは?と思いますが

“贈ってはいけないプレゼント”もあるようです。

 

特にお義母様にプレゼントをあげる際は

失礼に思われないように注意が必要です。

ではどんなもの“贈ってはいけないプレゼント”なのか

早速見てみましょう。

 

 

スポンサーリンク

母の日に贈ってはいけないプレゼントは?

 

大抵の場合、贈り物をいただくと嬉しいですよね。

その中でできれば母の日には避けたほうが良いとされるプレゼントがありますので

いくつか紹介していきます。

  • 縁起の悪い花
  • 現金や商品券
  • ハンカチ・刃物
  • 靴・靴下
  • 洗剤など

ひとつずつ見てみましょう。

 

 

縁起の悪い花

 

花といえば、母の日には人気のプレゼントだと思います。

カーネーションは母の日の定番ですが

白いカーネーションは故人を意味するので避けるようにしましょう。

またの花も仏花というイメージがあるので嫌な気持ちにさせてしまうこともあります。

また花贈りのタブーとして、鉢植えは“寝(根)つく”という意味があるので贈らない、

アジサイは、色が移ろうので“安定しない”ことを連想させる、

などという意味合いを持ちますので注意しましょう。

なるべく明るい色合いの花を選ぶと喜ばれるとおもいます。

 

現金

 

好きなものを買ったり、自由に使って欲しいという気持ちから

現金を贈る場合もあるかもしれませんが

上から目線の印象があるので

母の日は避けたほうが無難かもしれません。

双方が話をしてそれがいいとなった場合はいいと思いますが

義理のお母さんなどには避けたほうが良いと思われます。

 

ハンカチ・刃物

 

ハンカチはプレゼントに人気の商品ですよね。

贈る側も選びやすいし、もらった側も嬉しいです。

しかしハンカチには別れ縁切りの意味があるので母の日には避けたほうがいいでしょう。

包丁も同じく縁切りの意味があります。

 

靴・靴下

 

靴・靴下・スリッパなどは足で踏みつけるという意味にあたるので

目上の方へのプレゼントには避けたほうが無難です。

靴下などは実用的でプレゼントに人気だと思いますので

母の日以外の時に検討してみるのはいかがでしょうか?

 

洗剤など

 

日用品も実用的で喜んでもらえそうですが

洗剤は洗い流すので関係を洗い流すという意味がありますので

気分を害することも、、、

お中元やお歳暮など別な日のプレゼントにしたほうが良いでしょう。

 

 

まとめ

 

母の日に贈ってはいけないプレゼント、いかがでしたか?

以上にあがったものでも

お互いが話をした上でなら、欲しいものを贈ってあげたほうが

喜ばれると思います。

 

何よりお母さんのためにと、プレゼントを考える時間が素敵ですよね。

 

 

 

コメント