【情熱大陸】塩谷歩波の銭湯図解がすごい!小杉湯の場所・父のコーヒー店は?銭湯好き必見!

3月3日放送の情熱大陸に

銭湯イラストレーターの塩谷歩波さんが出演します。

塩谷歩波さんの銭湯のイラストを描いた『銭湯図解』が

SNSで話題になっているんです。

銭湯好きは必見!!

そんな塩谷歩波さんについて

いろいろ調べて見ました。

スポンサーリンク

塩谷歩波プロフィールは?

塩谷歩波(えんやほなみ)

出典 twitter

1990年生まれ 28歳(2019年現在)

東京都出身

高円寺の銭湯・小杉湯の番頭兼イラストレーター

イラストレーターの母親の影響で,絵を描いたり、建築に興味があったという

塩谷歩波さん。

2015年、早稲田大学大学院(建築学専攻)修了後

都内の設計事務所で働いていましたが

仕事の忙しさから機能性低血糖症になり、体調を崩して休職したそうです。

その時は自分が嫌いでしょうがなかったという塩谷歩波さん。

友達は頑張っているのに,自分は寝ているしかできないと

迷惑かけているだけの存在のように思えたそう。

弱い自分を認めたくなくて,恥ずかしいと思っていたんだそうです。

そんな時に友人のすすめで、銭湯と出会ったそうです。

こわばっていた身体と心が溶けていくようで

たわいもない会話に救われたんだそうです。

傷ついていた心身を癒やしてくれた銭湯に

恩返しとして,建築の技法を用いて建物の俯瞰図を描き

銭湯の魅力を伝え始めたそうです。

あたたかみのある絵柄と自分で入ってみた感想なども

表現していてSNSで話題を集め

それがきっかけで小杉湯に声をかけられ番頭として働くように

なったそうです。

今は小杉湯の番頭に立ったり,アメニティを準備したり

イベントの準備をしながら,図解を描いたりしているそうです。

塩谷歩波さんの銭湯図解ですが

見ていて楽しい~~!

絵が細かくて、立体的に見えます。

人の表情とか、あるあるな行動など

普段見れない男湯と女湯の違いとかも、発見がいろいろありそう!

出典 twitter

こんなのもありますよねww

「銭湯図解」って

銭湯ファンにはたまらない一冊だと思います。

スポンサーリンク

銭湯図解の楽しみ方

こちらから銭湯図解の今までのイラストが見られます。

塩谷歩波さんは都内の銭湯を中心に描いているそうです。

銭湯って,当たり前ですが

全部違うんですよね。

出典 https://twitter.com/i/moments/831136767684202500

湯船の場所や、洗い場の配置も違うし

よく見るとちょっとしたとこに

オシャレな工夫があったり

レトロな感じがよかったり

出典 https://twitter.com/i/moments/831136767684202500

そういう細かいのを見逃さず

丁寧に、楽しめるように『銭湯図解』では表現されています。

出典 https://twitter.com/i/moments/831136767684202500

お風呂も広かったり

こじんまりがよかったり

人それぞれ好みも分かれると思いますが

好きなお風呂を見つけて、ぜひ足を運んでみてください。

のっている銭湯に、全部行ってみる!とかも楽しそうですね。

こちらで掲載銭湯一覧が見られます

今までは入ってみないと中がわからなかったので

あらかじめどういう空間なのかわかると

入りやすいというのもあるんではないでしょうか。

これから銭湯デビューするという方にも参考になると思います。

スポンサーリンク

小杉湯の場所・営業時間・定休日は?

塩谷歩波さんが番頭をしている小杉湯について

調べて見ました。

thumb

出典 http://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-383

場所は、中央線「高円寺」駅下車で徒歩5分のところに

あるようです。

出典 http://www13.plala.or.jp/Kosugiyu/sub6.html

住所・・・〒166-0002 杉並区高円寺北3−32−2

電話番号 ・・・03-3337-6198

営業時間・・・夕方3時30分から深夜1時45分まで

定休日・・・毎週木曜日

入浴料金・・・大人460円・中人180円(小学生)・小人80円(幼児)
共通割引入浴券10枚で4,200円

駐車場・・・あり(地図→左下あたり)

昭和8年創業の84年の歴史をもつ高円寺の老舗銭湯です。

全ての湯水に自然回帰水を導入しています。

名物はミルク風呂・好評の日替わり湯や

温度の違う4つの浴槽、温冷浴が人気だそうです。

いろいろなイベントも行っています。

塩谷歩波さんのお父さんが経営するコーヒー店の豆を使った

コーヒー風呂を開催したり

銭湯図解に掲載される図解や写真を浴室に展示して

特別湯も体験できるようなイベントも!

こちらは3月20日まで実施されるので

日程を確認して、ぜひどうぞ!!

スポンサーリンク

父のコーヒー店は「ハチコーヒー祐天寺」場所は?

塩谷歩波さんのお父さんが経営するコーヒー店は

「ハチコーヒー祐天寺」です。

ハチコーヒー,祐天寺,コーヒー豆,coffee

出典 https://29mt.net/archives/7452

こちらはカフェではなく、コーヒー豆のお店だそうです。

いろんな豆があり、焙煎して待っている間に

コーヒーの試飲はできるそうですよ。

出典 https://29mt.net/archives/7452

たくさん種類があるようなので、わからない方は

オススメなど聞いてみるのもいいと思いますよ。

住所:東京都目黒区祐天寺2-4-1

TEL:03-6312-9246

営業時間:10:30~19:00(水曜日、第3木曜)

facabookはこちら

スポンサーリンク

情熱大陸に出演

情熱大陸では、銭湯図解の色校チェックや

銭湯さんの取材の様子、銭湯図解を渡された瞬間など

様々な場面を密着しているそうです。

お風呂が好きな28歳の塩谷さんの素顔が見られそうです。

放送を楽しみに待ちたいと思います。

《放送後の追記》

小杉湯の店主が塩谷さんを誘ったのは

銭湯に行くというハードルをさげたかった、ということや

絵に描くことで若い人でも入りやすくなるようにしたかった

ということがあったそうです。

塩谷さんが描く絵を見て,若い人が行ってみようと

思ってくれると良いなとおもったそうなんです。

確かに,銭湯ってなじみがないと,入りにくいイメージはありますね。

中にはその通りに、塩谷さんの『銭湯図解』を

ガイド代わりにしてみてきたという人もいましたね。

いろいろな企画をしたり

おしゃれなアメニティグッズを置いてみたり

塩谷さんがしている事は

今までの銭湯の印象を変えていくような感じがしました。

新しい人が増えつつ、今までの人も落ち着く

そんな場所になっていくといいですね。

銭湯で働きながら,イラストレーターをはじめた塩谷さん。

銭湯という心のよりどころができたそうです。

お母さんも銭湯との出会いがなかったらこんなに早く元気にならなかったかな、と

語っていました。

早稲田を出て,設計事務所から銭湯って

最初はドロップアウトかなとも思ったそうです。

でも銭湯には魅力があって

ただ世間体みたいなものを気にしてたんだなと思うそう。

銭湯は塩谷さんにとって、自信を取り戻すことができた場所。

だからいつもぴかぴかに掃除しているそうです。

自分らしい生き方を見つけることができたんですね。

すごく素敵だと思います。

塩谷さんは銭湯に入るようになって

前向きな性格になったそうです。

少しお疲れ気味の人など、近くの銭湯に行って

たまには非日常的な空間に身をゆだねてみるのもいいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。